京蝋燭(ろうそく)工房・中村ローソク見学会

◇和ろうそく工房見学!
創業125年、和ろうそくを作り続ける中村ローソク様の工房を見学させていただきます。大迫力かつ繊細な伝統工法をお楽しみください。和ろうそくの製造工程、西洋ろうそくとの違い、寺社仏閣に選ばれる理由、原材料となる自然素材の現状のことなどを職人さんよりご説明いただきます。

◇絵付け体験!
和ろうそくの魅力の一つに紋様の素晴らしさがあげられますが、今回の和ろうそく絵付け体験では、お手本も参考にしたり職人さんに教わったりしながら、4匁サイズの和ろうそくにこれらの紋様や自分の好きな絵や文字を描いて自分だけの和ろうそくを作ることができます。

たくさんの方のご参加をお待ち申し上げております。

◇日時: 平成30年3月24日(土)9時50分~12

◇場所: (有)中村ローソク本店(伏見区竹田三ッ杭町57-8)
地下鉄・市バス 竹田駅東口ロータリー集合、徒歩3分

◇定員:  最大18名(要予約)

◇参加費: 2000円(税込)/人

◇お申込: 075‐777-7713 または info@pia2.org まで、お名前・参加人数等ご連絡ください。

◇主催: ぴあぴあコミュニティサポート合同会社/FUSHIMI留学生サポートクラブ

◇協力: (有)中村ローソク、ゆらふプロジェクト

◇その他: 3月24日は伏見の酒蔵が一斉に蔵開きイベント・利き酒イベント等を行うまちをあげての大日本酒まつりの日! 午前中は和ろうそく体験を、午後はぜひ酒蔵めぐりをお楽しみください!

※中村ローソクについて
1887年(明治20年)創業以来125年以上もの間、和・京蝋燭を作り続けている。櫨(ハゼ)の実を摘む「ちぎり子さん」や「製蝋所」「芯屋さん」「木型屋さん」「竹串屋さん」など、多くの職人の伝統の技が一本一本の蝋燭に込められている和・京蝋燭の魅力を伝えるため、伝統を守りつつ、香りやインテリアにも使える新たな商品の開発にも注力しています。